①コンテンツの作り方

  • 2022年1月9日
  • 2022年7月5日
  • note

商品のコンセプトを決める

Twitterでマネタイズするためには、
「どんなフォロワーにどんな商品を売るのか?」を明確化します。
インスタ・TIKTOK・YOUTUBEなどでもどれでも使えます。

マネタイズの場合ですと、

  • 稼ぎ系
  • 恋愛系
  • ダイエット系
  • 筋トレ系

このジャンルが、稼げるコンセプトです。

  • 稼ぎ方を解説する教材
  • 彼女の作り方を解説する教材
  • ダイエット方法を解説する教材
  • 効率的な筋トレを開設する教材

こんな感じの商品をコンセプトとして考えていきます。

基本的には「お客さんの悩みを解決する」を把握してテーマーとしてやっていけばOK。

  • 稼ぎ系
  • 恋愛系
  • 健康系
  • スポーツ系
  • 人間関係系

などですね。

情報商材を販売しているブレイン・ASPのinfotopでは、
「悩み解決に特化した教材」が多く販売されています。

Infotopで販売されている商品から、興味のある商品を決めるのも私的にはおすすめです。

コンセプト通りの商品を作る

商品のコンセプトを見つけることができたら、コンセプトに沿った教材を作ります。

ゼロから教材を作ることはまず不可能なのでまずは、
いろんなnote、ブレインなどを見て参考にしてつくっていきましょう。

教材=アウトプットの結果です。

あなた自身の「インプット=経験・知識」がなければ、教材を作ることはできません。

ですので、教材を作るための知識のインプットから始めていきましょう。

インプット作業として簡単なものは、「本を読む」ことです。

私がブログ記事や教材を作るときは、「関連する本を3~5冊以上」は間違いなく読みます。

例えば、「Twitterで5桁稼ぐ」をコンセプトとして教材を作って販売したいと考えるなら、

  • Twitterに関連する本を5冊以上購入する
  • Twitterに関連する本のトピックスをメモする
  • Twitterに関係する本に書かれている重要なノウハウをメモする
  • Twitterに関する知識を増やす

こんな感じですね。

本の見出しは、教材を作るときも「見出し」を活用することがおすすめです。

同じジャンルの本を複数読んでいると、「内容が被っている部分」は必ずあるはずです。

被っている部分は、「その悩みを解決するために重要な部分」というわけです。

自分の知識量だけで教材を作るのではなく、すでに世に出ている複数の本を活用しながら、「複数本の良いとこどり」を意識して作っていくのです。

最新情報をチェックしよう!

noteの最新記事8件

>最強の集客は、「SNSマーケティング」である。

最強の集客は、「SNSマーケティング」である。

まずは、正しい知識を学び、実践あるのみです。
知識投資が最強です。継続することにより、更なる飛躍を見込めます。
日々、挑戦し続けるマインドお大事に進んでいきましょう。