仮想通貨

【初心者必見】30代からの仮想通貨投資の始め方おすすめロードマップ

男性

仮想通貨が人気ですが、どんなものか?
始め方を教えてください

仮想通貨は、将来性のある通貨ですね。
少額でも始められるので人気ですね。

あきにい

この記事を読むことで、仮想通貨初心者でも
仮想通貨の仕組みや始め方、メリット・デメリットについて理解できます。
5分程度で読めますので最後までお読みくださいね

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

・仮想通貨とは?
・仮想通貨の特徴と利点

今仮想通貨をはじめる理由とは?
・仮想通貨のメリット・デメリット
・仮想通貨の始め方・購入方法

仮想通貨とは?

仮想通貨って聞いてあなたはどう思いますか?

投資だから危ないとか、詐欺とか連想していませんか?
仮想通貨とは、デジタル形式で存在し、暗号技術に基づいてセキュアに取引される電子通貨です。

日本人の気質として、投資は危ないととか、
貯金がいいことみたいな教育を日本では受けてきていると思います。
先入観で物事を判断するのは危険です。

現状日本では、低金利時代に突入し、銀行にお金を預けても利息は0.02%などとほぼ利息がつきません。
日本では、投資する概念が低く、安全を優先する思考が存在します。

現在、金融市場では、いろんなお得な商品が出てきています。
それを学ぶことで、低金利時代でも賢くリスクを減らし資産を増やすことが出来るようになります。

まずは、しっかりと知識を学んでいきましょう。

仮想通貨が、ここまで話題になるということは、今後の成長や値上がりに期待していることがうかがわれますよね。

まずは、難しい言葉などは抜きにして、大体でいいのでザクッと理解いただければ大丈夫です。

仮想通貨の特徴と利点とは?

  1. デジタルな取引手段: 仮想通貨はデジタルフォーマットで存在し、オンライン上での取引に使用されます。
    これにより、瞬時に送金や決済が可能であり、銀行や伝統的な金融機関を介さずに取引が行えます。
  2. 分散化とセキュリティ: 仮想通貨は分散型の技術であるブロックチェーンを基にしています。
    これにより、取引の透明性とセキュリティが向上し、改ざんや不正行為のリスクが低減されます。
  3. 匿名性とプライバシー: 一部の仮想通貨では匿名性が高く、個人のプライバシーを保護することができます
    この特徴は、一部の利用者にとって魅力的な要素となっています。
  4. 24時間取引: 仮想通貨市場は24時間取引が可能であり、世界中の人々がいつでも取引を行えます。
  5. 低い手数料: 一般的に仮想通貨取引所での手数料は比較的低く設定されています。
    これにより、小額からでも取引が行え、コストを抑えながら投資や送金が可能です。
    日本では無料の販売所が多数あります。
  6. 国際取引の容易さ: 仮想通貨は国境を越えた取引が容易であり、国際的なビジネスや送金に利用されることがあります。
    伝統的な銀行取引に比べてスピーディかつ低コストな国際送金が可能です。
  7. 投資の幅が広がる: 仮想通貨の登場により、従来の金融商品とは異なる新しい投資機会が生まれました。
    これにより、個人の投資ポートフォリオを多様化させ、リスクを分散することができます。
    株式などと分散投資が可能となります。

欧米と日本の家計金融資産の比率について

出典:オリックス銀行

上の表にもありますように、欧米では家計の金融資産が3.32倍に増えています。
日本は、1.54倍と約2倍以上の開きが出ています
それは、下図の表でもあるように家計の金融資産の中身が違うからです。

※「資金循環の日米欧比較」(2020年)(日本銀行調査統計局)

日本の場合:現金預金51.7% 投資18.6%
欧米の場合:現金預金13.7% 投資46.2%

欧米では、金融資産の約半分くらいをしっかり運用しているというのが家計の金融資産が増えた要因です。

賢くお金に働いてもらうというのが欧米のスタイルです。
日本にも最近その波来ていて、つみたてNISAやIDECOなど国が非課税枠を設けて仕組を作っています。

今後仮想通貨ビットコインも、投資の対象に日本でも将来性的に期待されています。

日本人の仮想通貨保有率は、日本人6%と言われていて、マレーシアなどでは27%が保有しています。
そう考えると、先進国の日本は世界的にかなり遅れてるのが伺われます。
端的に考えて、お金持ちの日本人がまだこれから20%くらいは購入層が広がる可能性があります。

今仮想通貨をはじめる理由とは?

仮想通貨を始める事により、今後いろんなメリットが受けることが出来ます。
先程も申し上げた通り、日本の金融資産は、2005兆円(*1)と発表がありました。半分は預貯金に眠っています。

今後更なる、金利のゼロ金利政策が続くと考えられます。株式などは196兆円、投資信託86兆円で282兆円になります。
投資枠は、約14%と比率として低いです。
欧米の54%と比べると、まだまだこれから資金が流入すると考えられます。

今のうちに少しづつでも購入しておけば値上がりの期待は十分あると考えられます。

引用:*1:読売新聞 2022年12/19

おすすめのポイント

・成長の可能性: 仮想通貨市場は成長が期待されており、将来的に価値が上昇する可能性があります。
・仮想通貨を預けて金利がもらえる仕組みがある【レンティング】
・半減期で新規の発行量が減るために、需要が上がり価格が上がる可能性がある
・今は、少額から積立でも始める事ができる
・マネーリテラシーが上がる。

・仮想通貨で世界中で決済や送金が出来る
・NFTなど成長産業に起用されている

簡単に解説すると、

簡単にまとめると

・少額から買える
・積み立ても出来る。
預けると金利がもらえる。
知識がつく
世界中で決済が瞬時に出来る

最近では、あのブラックロックビットコインETF申請に注目が集まっています。
ニュース:こちら
大手の企業が、仮想通貨やNFTなどの事業に参入してきているのは、発展する可能性が上がります。
皆さんもご存知のNIKEなどもNFT事業に参入してきています。

ビットコインは少額から買える

仮想通貨やビットコインは、少額100円から
購入することが可能です。

試しに1000円とか1万円買ってみて、どんな感じか
値段のチャート見てみることもいいのではないでしょうか?

積み立てで購入できる

仮想通貨やビットコインは、積み立てで購入できます。
1日1000円など可能です。
下記はスマホの取引画面です。

購入は、1度にたくさん買うのではなくコツコツ
一定額を買うのが、投資の鉄則です。
購入価格が、平均化されるからです。

預けると金利が受けとれるレンティング

保有したビットコインを運用に回すことが出来るのが大きいです。
ビットレンティングやステーキングと呼ばれています。
金利も通貨によりますが、ビットコイン8~10%で2023年2月からスタートしました。
1か月単位で貸し出せます。後ほど説明いたします。
厳密には、仮想通貨を元本に上乗せで利息を受け取る形となります。

仮想通貨などの知識がつく

仮想通貨を購入することにより、知識が貯まります。
仮想通貨の価格などをみたりと習慣的にいろんな知識やその他、仕組みや送金方法や支払い方法などが学べます。
自分で出来るようになります。

世界中で決済が可能となります

現在では、海外に送金する場合は、銀行を介して送金しますが
仮想通貨は、海外の至るとに送金が可能となります。個人間の送金が可能に。
今では、国内でも仮想通貨でお支払いも出来るようになりました。
今後、電子決済同様普及していくのではないでしょうか。

仮想通貨のメリットとは?

ここも詳しくは、ザクッと理解でOKです。

  1. 成長の可能性: 仮想通貨市場は成長が期待されており、将来的に価値が上昇する可能性があります。
  2. 投資の幅が広がる: 仮想通貨を始めることで、従来の株式や債券などの金融商品とは異なる投資手段が広がります。
  3. 低い手数料: 仮想通貨取引所での取引手数料は一般的に比較的低いため、少額からでも始めやすいです。
  4. 取引の迅速性: 仮想通貨の取引はインターネット上で行われるため、迅速かつ便利に行えます。
  5. 分散投資: 仮想通貨は他の資産とは異なる特性を持っており、投資ポートフォリオの分散化に役立ちます。
  6. 金融の民主化: 仮想通貨は誰でも参加することができ、銀行や政府による規制を受けずに取引が可能です。
  7. テクノロジーへの興味: 仮想通貨はブロックチェーン技術を基にしており、新しいテクノロジーに興味を持つきっかけとなることがあります。
  8. 国境を越えた取引: 仮想通貨は国境を越えた取引が可能であり、国際的なビジネスにも役立つことがあります。
  9. 学習機会: 仮想通貨の取引や投資に関する学習機会があり、経済や金融についての知識を深めることができます。
  10. 副収入の可能性: 仮想通貨の価格変動を活用して投資を行うことで、副収入を得るチャンスがあります。

これらは仮想通貨を始めるメリットの一部です。ただし、仮想通貨の投資はリスクも伴いますので、十分な理解と注意が必要です。

仮想通貨のデメリットとは?

・価格の変動があり、値下がりする可能性がある。
・普通に持っているだけは、利息は付かない
・出金まで原則3営業日前後かかる

仮想通貨は、どこでもはじめる?

実際に仮想通貨は、どこで取引できるのか?
お勧めは、コインチェックです。
コインチェックは暗号資産(仮想通貨)取引の初心者から上級者まで、多くの方に選ばれています。

①下記よりコインチェックのサイトにアクセス

コインチェック口座開設

まずは、下記のサイトへアクセスします

コインチェック公式サイトへ

口コミをご紹介

コインチェックが仮想通貨に選ばれる理由

選ばれる理由

1. アプリダウンロード数 415万件
2. 500円から購入可能
3. 仮想通貨の取り扱い銘柄が19種類と抱負

コインチェックはビットコインを含め、30銘柄の暗号資産(仮想通貨)の取引が可能です。
32銘柄ペアと日本円だけでなく暗号資産ペアも豊富なため、上級者の方にも選ばれています。

コインチェック 口座開設方法

下記が登録フォームとなりますので、手順通りに進んでください。
メールアドレス・パスワードを入力してください。最短5分で口座開設

是非この機会に仮想通貨初めて見てください。

公式ホームページ

まとめ おすすめのポイント

仮想通貨を始めるメリット

・お金の知識が増えるのでリスクを抑えて投資が可能
・2024年のビットコイン半減期の値上りが期待できる。
ビットレンティングを使えば、金利がもらえる(最高12%)
・積立制度をつかえば、NISAのように資産が増える

仮想通貨を始めないデメリット

・お金の知識が増えない。
・ビットコインの値上がりが期待できない。
お金が増えない
・積立の資産が増えない。

最短5分で口座開設できます。

是非この機会に仮想通貨初めて見てください。

公式ホームページ

  • この記事を書いた人

あきにい

【お金が増える知識お得情報を発信】元証券マン⇒お金のプロ⇒資産相談2800人/年収300万円でも投資・節税・家計の見直しで資産5000万円を作る方法を学べる。/新NISAで第3の年金作り/ビットコインで外貨資産を形成/ 2社のビジネスオーナー/ファイナンシャルプランナー/証券外務員1/2級

人気の記事

-仮想通貨